インプラント手術後の食事などはどうしたらいい?

インプラント手術をした後には食事には気を付けてください。
辛い物や熱い物、硬いものなどは食べないようにしましょう。
インプラント直後はまだ縫合した部分が完全にふさがっていない状態です、そのような場所で辛い物や硬いものを食べてしまいますと縫合した部分に影響が出る可能性があります。
ヨーグルトできるだけ柔らかい食べ物を食べるのがおすすめ、具体的にはヨーグルトやおかゆなどです。
少し物足りなさを感じるかもしれませんが大体3日ほどすれば縫合されるので普通の食べ物が食べられるようになります。

手術後の食事の他にも生活面での注意点があります、インプラント手術後3日ほどは入浴を避けてシャワーだけをするようにしてください。
入浴してしまいますと血行が促進され血が止まりにくくなります。
喫煙もしないようにしてください、喫煙により血行が悪くなり傷の治りが遅くなるからです。

他にも大事なのが歯ブラシ方法です。
傷口に衝撃になると良くありませんので必ず傷口に当たらないように歯ブラシをしてください。
衝撃が良くないなら歯磨きをしなければいいのではと思うかもしれませんが食事などで必ず口の中には雑菌が発生しておりそのまま放置すると炎症の原因になります。
優しく歯ブラシをし、かつ毎食後うがい薬を使い口の中を綺麗にしてください。

普段から歯ぎしりをしている方は要注意です、歯ぎしりによりインプラント部分に余計な負荷がかかり最悪の場合ぐらついてしまうこともあります。
歯ぎしりは無意識のうちにしてしまうこともありますが家族などに歯ぎしりや食いしばりをしていないか指摘してもらうのも方法です。

手術後歯科医院から処方される薬がありますが必ずそれらは飲むようにしてください。
痛み止めは痛みがあれば飲む程度でいいのですが抗生物質などは痛みが無くても必ず出された分飲まなければいけません。
途中でやめてしまいますと菌に感染してしまいインプラントが抜け落ちる原因になる場合もあります。

昔はインプラント手術は入院を伴うものでしたが今は日帰りでできる簡単な手術になっています。
手軽な反面、帰宅してからの管理は自分でしっかりとしなければいけません。
手術直後どのような生活をしてきたかによりその後の経過が変わってきます。
せっかくのインプラントが抜け落ちてしまえば無駄に手術をし、お金をかけただけになるので意味がありません。
他にも歯科医師の注意がある場合があるので必ず聞いて実行しましょう。

関連ページ